VW・パサート改良型は「アルテオン」顔に? プロトタイプを初捕捉。300馬力のVR6も設定!?

フォルクスワーゲンの4ドアセダン「パサート」の改良型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

捉えたプロトタイプは、現行モデルよりスポーティなフロントバンパーを備えています。ヘッドライトは偽装されていますが、同ブランドのフラッグシップ・スポーツセダン「アルテオン」を彷彿させるフロントマスクが予想されています。

キャビン内には、新型「トゥアレグ」で採用された15インチタッチスクリーン「Innovision Cockpit」の搭載も期待されますが、今回のマイナーチェンジでは見送られると思われます。その代りに「ゴルフ」改良型や「アルテオン」の最新インフォテインメントシステムが採用されるとレポートされています。

パワートレインは、1.4リットル直列4気筒直噴ターボTSI+モーターの「GTE」や2リットルディーゼルTDIがアップデートされます。また、VW自慢の狭角V型エンジン「VR6」を搭載する高性能モデルの設定も噂されています。登場すれば300ps以上を発揮するはずです。

「パサート」は1973年、アウディ「80」をベースとし、ジウジアーロのデザインによりハッチバックスタイルでデビューした歴史あるモデルです。1988年の第3世代ではハッチバックが姿を消し、現在のセダンとヴァリアントへ引き継がれており、フェイスリフトではより鮮麗されたセダンとなりそうです。

改良型の登場は2018年秋以降と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW X6の次世代型を初スクープ 波打つテールライトなどでスポーティ感を演出
初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事