完全電動化の噂も。VWの次世代トランスポーター「T7」を初捕捉

フォルクスワーゲンのLCV(Light Comercial Vehicle)「T6」の後継モデルとなる、次世代トランスポーター「T7」開発車両を初めてカメラが捉えました。

「LCV」は、日本で「ワーゲンバス」の愛称で有名な「T1」から起源しています。「T1」以降、1967年には「T2」、1979年に「T3」、1990年に「T4」、2003年には「T5」と進化を続けています。

情報によると「T7」はMQBプラットフォームにより大刷新されるようです。新型では、顕著なフロントグリル、VW最新世代のLEDヘッドライト、スタイリッシュなリアエンドなどが予想されます。またキャビンにはデジタルコックピットの搭載も期待されています。

捉えたプロトタイプは「T5」のテストミュールのため、デザインの詳細は全く不明です。しかし、米アップルと共同開発していると噂される自立運転バンとは別モデルと思われます。

新型では多数のボディバージョンと幅広いエンジンも魅力。2リットル直列4気筒ターボディーゼルを始め、ガソリンエンジン、ハイブリッド、そしてEVの設定も噂されているようです。

「T7」のワールドプレミアは2020年と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ
アルピナB7改良型を目撃。注目はアグレッシブなマスク
アウディ・A6の派生モデル第3弾は「オールロード クワトロ」。新型は電動クロスオーバーに!
新設定のメルセデス・ベンツ「AMG A35セダン」、日本市場も視野に開発順調

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事