完全電動化の噂も。VWの次世代トランスポーター「T7」を初捕捉

フォルクスワーゲンのLCV(Light Comercial Vehicle)「T6」の後継モデルとなる、次世代トランスポーター「T7」開発車両を初めてカメラが捉えました。

「LCV」は、日本で「ワーゲンバス」の愛称で有名な「T1」から起源しています。「T1」以降、1967年には「T2」、1979年に「T3」、1990年に「T4」、2003年には「T5」と進化を続けています。

情報によると「T7」はMQBプラットフォームにより大刷新されるようです。新型では、顕著なフロントグリル、VW最新世代のLEDヘッドライト、スタイリッシュなリアエンドなどが予想されます。またキャビンにはデジタルコックピットの搭載も期待されています。

捉えたプロトタイプは「T5」のテストミュールのため、デザインの詳細は全く不明です。しかし、米アップルと共同開発していると噂される自立運転バンとは別モデルと思われます。

新型では多数のボディバージョンと幅広いエンジンも魅力。2リットル直列4気筒ターボディーゼルを始め、ガソリンエンジン、ハイブリッド、そしてEVの設定も噂されているようです。

「T7」のワールドプレミアは2020年と予想されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

BMW X6の次世代型を初スクープ 波打つテールライトなどでスポーティ感を演出
初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事