京阪バスが滋賀県大津市の市街地で「自動運転」による営業運行の実証実験へ

京都市に本社を置く「京阪バス」が、滋賀県大津市の市街地で事業化を前提とした路線バスによる自動運転の実証実検を行なうそうです。

「京阪バス」は大阪府など2府2県で路線バスを運行する関西大手のバス会社で、国土交通省によると、民間のバス会社が事業化を前提に街中で自動運転の実験を行うのは全国でも珍しいケースのようです。

今回の実験は大津市の協力を得て行なうもので、2019年度にJR大津駅からびわ湖までの約1kmの大通りなど、大津市の中心市街地で自動運転バスを運行する計画になっているそうです。

NHK報道によると、安全面や収益性などで問題が無ければ、2020年度をめどに運転手が同乗した状態で自動運転による営業を開始する模様。

運転手不足が進む中、「京阪バス」では将来的に無人の自動運転を目指しており、同社のICT推進部では自動運転により収益を上げ、事業が持続可能となるモデルを作り上げたいと考えているようです。

政府も2020年を目標に、高速道路における「レベル3」の自動運転導入実現を目指していますが、「京阪バス」の場合、より複雑な交通環境の中での走行となるだけに、その動向が注目されます。

Avanti Yasunori・画像:京阪バス)

【関連記事】

自動運転レベル3の実現に向け「高速道路本線への合流」を官民共同で開発へ
https://clicccar.com/2018/06/19/600671/

トヨタが自動運転用ソフトウエア開発に本腰。「即戦力」エンジニアを採用へ
https://clicccar.com/2018/06/14/599395/

トヨタ、「つながるクルマ」を世界中で通信できるKDDI「eSIM」で実現へ
https://clicccar.com/2018/06/10/598339/

日産自動車、自動運転技術「プロパイロット」搭載車を4年後に100万台/年販売へ
https://clicccar.com/2018/06/08/597534/

2030年代に「完全自動運転」社会へ。欧州委員会が実現に向けた工程表を発表
https://clicccar.com/2018/05/20/591373/

【関連リンク】

京阪バス https://www.keihanbus.jp/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事