【中古車】先代Gクラス・W463型の中古車相場が値落ち中! 狙い目のモデルは?年式は?

まず年式ですが、Gクラスは1991年から国内に導入されていますが、現在流通している中古車の年式を見てみると、1991年と1992年式が各1台ずつありますが、その後1997年式まで全く流通していません。そして1997年からは毎年2~11台という流通台数が2012年まで続きます。

そして大きな転機となるのが9月にディーゼルターボエンジンを搭載したG350ブルーテックが登場した2014年です。この年からは2014年が29台、2015年が39台、2016年~2017年が44台と右肩上がりで流通台数が増えていきます。

グレードでは、2015年12月の一部改良で登場したG350dが70台と最も多く、続いてG350ブルーテックが59台と続きます。その他特別仕様車も含めるとG350dの割合は実に44.7%まで高まります。

G350dに続いて多いのが1999年~2010年式のG500ロングで、56台を占めています。これを見ると、元々Gクラスの主力モデルはG500で、ディーゼルエンジン追加後はG350dがそのポジションを担ったといえるでしょう。またショートボディはG320もわずかに流通していますが、じっくりと選ぶことは難しい状況です。

7人乗りモデルの設定のあるG500ロングの価格帯は280万~1880万円。高年式のGクラスの主力モデルであるG350dの価格帯は718万~1398万円です。車両本体価格は高いですが、ランニングコストなどを考えるとやはり、G350dが狙い目です。年式や走行距離だけで値付けされないGクラス。やはり中古車の中でもその人気の高さは断トツといえる存在です。

(萩原文博)