FCV(燃料電池車)年間3万台の販売を目指すトヨタ、生産設備を大幅増強へ

2020年をめどに、グローバルで3万台/年以上のFCV(燃料電池車)販売を目指すトヨタ自動車。

同社は5月24日、国内外のFCV販売エリア拡大に向け、基幹ユニットとなるFCスタック(燃料電池)と水素を貯蔵する高圧水素タンクの生産能力を、現状のひと桁増とすべく生産設備を拡充すると発表しました。

FCスタックの生産設備は、愛知県豊田市の本社工場敷地内に新たな建屋を建設、高圧水素タンクは、愛知県みよし市の下山工場内に専用ラインを新設するそうです。

現在、同社のFCV「MIRAI」は日米欧の11ケ国で販売しており、今後は豪州、中国、カナダ、アラブでも販売を予定。

また、2017年2月より東京都向けに販売を開始したFCバスについても、2020年の東京オリンピック・パラリンピック向けに販売を予定するなど、今後もトヨタグループ各社との連携により、「水素社会」の実現に向けて貢献していく考えのようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

トヨタ「MIRAI」の広告看板が大気を浄化!FCVのクリーン性能をアピール
https://clicccar.com/2017/11/18/533045/

トヨタのFCV「MIRAI」の受注増加で納期は2019年以降!
https://clicccar.com/2015/12/20/344442/

トヨタの燃料電池車「MIRAI」が米国で2,000台受注!
https://clicccar.com/2015/10/15/333052/

「MIRAI」WRC完走! 大ジャンプで水素FCV技術と耐久性を実証!!
https://clicccar.com/2015/08/31/324145/

FCV「MIRAI」の価格を2022年までにクラウンHV並みへ
https://clicccar.com/2015/04/29/304841/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事