600馬力超え!メルセデス・ベンツ最強SUV、GLS 63 AMG次期型をスクープ

メルセデス・ベンツの旗艦クロスオーバーSUV「GLS」のハイパフォーマンスモデル、「GLS 63AMG」次期型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

次期型では最新の「MHA」プラットフォームを採用し、現行モデル比100kg程度の軽量化が図られます。Dピラーはが厳重にカモフラージュされているのは、より傾斜を持ち、全体的に丸みを帯びたスポーティなボディシルエットをカモフラージュするためと思われます。

このAMGバージョンでは、最強の証パナメリカーナグリル、大口エアインテーク、専用のバンパー、大径ホイール、クロスドリル・ブレーキ、ツインエキゾーストパイプなどを装備します。

ハイテク面では「Sクラス」にも搭載された半自動運転技術や先進運転支援システム「ステレオビジョンカメラ」を搭載するほか、新世代インフォテイメントシステム「MBUX」の搭載も確実視されています。

パワートレインは現行モデルの5.5リットルV型8気筒ツインターボエンジンから、ダウンサイジングされる4リットルV型8気筒ツインターボエンジンへの変更が予想されています。また、最高出力は585psから600ps超えと見られています。

ベースモデルの「GLS」次期型は、早くとも2018年末か2019年に登場すると思われるので、AMGバージョンは2020年以降となるはずです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

デビュー間近のBMW X1改良型をキャッチ。初設定されるPHEVモデルのEV航続距離は42km以上
メルセデス・ベンツ 新型CLAシューティングブレークはリアビューが超進化。デビューは2019年秋?
大げさ過ぎるテールライトの偽装が示唆するのは…… メルセデス・ベンツ Eクラスのセダン新型プロトタイプをキャッチ
トヨタ怒涛の新車ラッシュはスープラから!2021年までに「セリカ」や「MR2」など19車種発売へ
マクラーレン・セナに最強のハードコア『GTR』設定へ。最高出力は825ps、ダウンフォースは驚異の1,000kg

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事