【マツダ・CX-3】「ライトサイジング」化された1.8Lクリーンディーゼルエンジン

2018年5月17日にマイナーチェンジを受けたCX-3。発売開始は同年5月31日からとなります。Bセグメント級SUVのマツダCX-3は、デビュー以来、日本国内向けは1.5Lクリーンディーゼルのみでした。2017年夏に、待望の2.0Lガソリンが設定され、街乗り中心といった使い方をする層も増えるなど、裾野が広がっています。

ここでは、1.5Lから1.8Lに排気量が拡大されたクリーンディーゼルについてご紹介します。

ダウンサイジングターボの先駆けとなったフォルクスワーゲンにより、その流れはガソリン、ディーゼルエンジンに及んできました。しかし、ここ数年は、フォルクスワーゲン・グループのアウディがプレスリリースなどで、適正な排気量を示す「ライトサイジングエンジン」と言い始め、ポルシェも長年「ライトサイジング」を追求してきた歴史をホームページに掲載。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事