対照的だったメルセデスとフェラーリ。1-2フィニッシュでメルセデスがコンストラクターズランキングトップに!【2018年F1第5戦スペインGP】

2018年F1第5戦・スペインGPがサーキット・デ・カタルーニャ(4.655 km、周回数66周)で開催されました。

決勝前日に行われた予選では、ルイス・ハミルトン(メルセデス)が開幕戦以来4戦ぶりのポールポジションを獲得! 2番手にはチームメイトのバルテリ・ボッタスが続き、メルセデスがフロントロウを独占しました。上位勢は3番手セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)、4番手キミ・ライコネン(フェラーリ)、5番手マックス・フェルスタッペン(レッドブル)となりました。

決勝日、晴れてはいるものの時折分厚い雲が姿を見せます。セッション中の降水確率は80%。これは面白いレースになりそうです!

スタートで良い切り出しを見せたベッテルが、ボッタスをパスし2番手に浮上!

その後ろでは10番手スタートのロマン・グロージャン(ハース)のスピンにニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)とピエール・ガスリー(トロロッソ)が巻き込まれ、3台ともリタイア。セーフティカーが導入され、波乱の幕開けとなりました。

「外側に膨らんでしまって、汚れたところにいってグリップを失ってしまったよ。皆本当にごめんね」と無線で謝るグロージャン。前戦アゼルバイジャンGPから不運が続いていますが、このクラッシュにより次戦モナコGPで3グリッド降格ペナルティを科せられることに……。モナコGPではこの流れをどうにか断ち切ってもらいたいものです。

7周目にレースが再開。上位勢の順位は変わりません。

18周目、ベッテルがミディアムタイヤに交換。するとボッタスに「プッシュしろ!」とチームから無線が入ります。ベストタイムを更新しながら走行するボッタスは、19周目にミディアムタイヤに交換。「オーバーカットできるのでは!?」と思いましたが、僅かに及ばずベッテルの後ろでコースに戻りました。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事