ブガッティ、今度は世界最速ロードスターを計画中か!?

フランスのスーパーカーメーカーであるブガッティは、最新モデル「シロン」にオープンモデルとなる「シロン ロードスター」を設定する可能性があるようです。

その情報に伴い、オリジナルCGを入手しました。タルガトップに処理されたCGは、違和感はないものの、剛性向上やルーフをしまうスペースの確保が必要のようです。

ブガッティは、2018年3月のジュネーブモーターショーで「シロン スポーツ」を発表。ミッドシップに8リットルW16気筒+4ターボエンジンを搭載し、最高出力は1500ps、最大トルク163kgm/2000-6000rpmを引き出します。これはクーペと同じ数値ですが、新開発の軽量エキゾーストシステム、最大77%の軽減がされるカーボンファイバー製フロントガラスワイパーなどにより、40ポンド(約18kg)の軽量化を図ると共にハンドリングの質が高められ、パフォーマンスが向上しています。

「シロン ロードスター」が登場すれば、恐らく更なる軽量化が図られると予想され、「シロン スポーツ」以上おパフォーマンスを発揮すると予想されます。そうなれば、最大出力1500psの世界最速オープンモデルの誕生となるはずです。「シロン」は、既に70台のデリバリーが済んでおり、2018年内には100台が見込まれています。

計画が予定通り進めば、2020年にワールドプレミアとなりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

MINI史上最速。302馬力の「JCW GP」市販型、早くもその全貌をキャッチ!
新型BMW 1シリーズのプロトタイプをキャッチ。光るドアトリムを装着したド派手な車内を激写
ポルシェ・ケイマンGT4からウィングが消えた!? 初の「ツーリングパッケージ」開発車両を目撃
このブラックボックスはなんだ!? 開発車両の正体は南米専売のマニアックなモデル?
560馬力のスーパークーペ! BMW・4シリーズに伝説の「CSL」復活の噂

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事