「おもてなし」をカタチにしたトヨタ「ジャパンタクシー」が都内で順調に増加中

トヨタ自動車が昨年10月に発売した「JPN TAXI」(ジャパンタクシー)の販売台数が、今年3月末までに全国で約4,000台に達しており、産経新聞によると半数が東京都内のタクシー会社に販売され、都内法人タクシーの1割近くを占めているそうです。

これまでのタクシー「コンフォート」や「クラウンセダン」は既に今年の1月に生産を終了しており、現在は「JPN TAXI」に1本化されている模様。

レトロで親しみやすいデザインが特徴の同車ですが、車高を1,750mmと高くすると共に床を低く抑えるなど、大柄な外国人や高齢者、子供が乗り降りしやすいように工夫されており、車椅子に人が座った状態で搭載することも可能となっています。

JPN TAXIには「深藍」、「ブラック」、「スーパーホワイトⅡ」の3色が用意されていますが、トヨタでは「深藍」をメインカラーに位置付けており、街を走る姿が風景に馴染むように統一感を持たせたいと考えているそうです。

現在のペースで販売が推移した場合、2020年までに都内で1万台を超え、東京五輪開催時には3台に1台以上がJPN TAXIとなる可能性が高いようで、「JPN TAXIで東京の街から日本の風景を変えたい」とする豊田章男社長の言葉が現実化しつつあるようです。

Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

「おもてなし」をカタチに。トヨタ JPN TAXIのデザインに込めた「心」とは?
https://clicccar.com/2018/03/20/569642/

トヨタ自動車が“日本の風景を変える”次世代タクシー「JPN TAXI」を発売!
https://clicccar.com/2017/10/24/523566/

「おもてなしの心」をテーマにした次世代タクシーをトヨタが17年度に発売へ
https://clicccar.com/2017/01/21/438414/

【関連リンク】

トヨタ JPN TAXI
https://toyota.jp/jpntaxi/

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事