ボディタイプ別、トヨタのおすすめ最新車種TOP3【2018年版】

セダンをはじめ、コンパクトカーやミニバンなど、多彩なモデルをラインナップするトヨタ。今回は人気のボディタイプ(ミニバン、SUV、コンパクトカー)別にイチオシのモデルをご紹介いたします。

▪アルファード/ヴェルファイア

芸能人や政治家といった著名人が移動車として活用している最高級ミニバンでもある「アルファード」と「ヴェルファイア」。迫力あふれる顔つきもさることながら、やはり一番の魅力は豪華で快適な室内空間。

とりわけ最高級グレードの「エグゼクティブラウンジ」に備わるシートは上質な手触りのプレミアムナッパ本革が使用されるほか、140mmの伸縮調整が可能なオットマンやシートヒーターも内蔵されており、一度乗ったらクセになるほど快適です。

▪C-HR

SUVの持つ重厚感とクーペのスタイリッシュさを組み合わせたボディが目をひくC-HR。欧州で約10万kmを走り込むことで磨いた走りの良さに加えて、「プリウス」譲りのハイブリッドユニットのおかげで達成した30.2km/L(最良値)という低燃費も魅力。

ちなみに、現在、通常ではオプションのBi-Beam LEDヘッドランプ(15万1200円)や、フロントアウトサイドドアハンドル(メッキ)とフロアマットといった専用アイテムを備えた特別仕様車「#LED Edition(250万400円〜)」が販売中。

▪カローラハッチバック

コンパクトカーでオススメなのが、今年初夏に日本での販売を予定している「カローラハッチバック」です。

GA-Cプラットフォームや新型直列4気筒直噴エンジン「Dynamic Force Engine」、世界初の発進用ギヤを採用した新型無段変速機「Direct Shift-CVT」などの採用はもちろん、安全システムには最新の「Toyota Safety Sense」が搭載されており、夜間での歩行者検知、昼間でのサイクリスト検知のほか、車線維持に必要な運転操作の支援を行なう「レーントレーシングアシスト」が備わっているのもポイント。実用車として隙のない一台に仕上がっていることが期待できます。

(今 総一郎)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事