これは似すぎ?「魂動デザイン」風だけどマツダじゃない。MG「X-motionコンセプト」【北京モーターショー2018】

「モーリスガレージ」を意味する「MG」というブランド。かつてはイギリスのスポーツカーブランドでしたが「MGローバー」となり、ローバーグループが解体されてミニやランドローバーが抜け出す形で別の道を歩み始めた後に経営破綻。現在は中国の上海汽車傘下にあることはご存知の方も多いでしょう。

イギリスにも製造工場がありますが、オペレーションは実質的に中国。エンジニアリングも中国ベースで、いわば中国車といっても差し支えないのが現状ですね。中国やイギリスのほかタイにも工場があります。

そんなMGが北京モーターショー2018で発表したコンセプトカーが「X-motionコンセプト」。中国で大人気ジャンルのSUVですね。

しかし、何でしょうかこの既視感。もちろん完全にコピーしているというわけではありません。なんですけどね……。マツダのニューモデルと言われたら素直に納得してしまいそうです。

色ですか? もちろんソウルレッドクリスタルメタリックではありませんよ。

いちおう、マツダCX-5の写真も貼っておきましょうか。

もしデザイン担当者がCX-5のことを知らなかったのだとしたら、中国のデザインもかなりレベルが向上しているということになりますね。

(工藤貴宏)

『マツダ』の最新記事

【新車】商品改良を受けたマツダ・CX-5は「助手席リフトアップシート車」も最新技術を搭載
六本木にヴィジョンクーペが出現。マツダが「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2018」に参加
【新型マツダ・CX-5試乗】待望の2.5Lガソリンターボは鋭い加速が魅力。2.2Lディーゼルにはクラス唯一の6MTを新設定
マツダがまたやった! マイナーチェンジで他社ではやるハズないこと4選!!
【新車】マツダ・デミオが一部改良。ガソリンエンジンを1.3Lから1.5Lに排気量アップ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事