「おもいやりライト」は2018年度も全力投球。最初のイベントは5月10日夕方に開催!

道路を照らすためではなく、自車を目立たせ周囲にアピールするために、はやめにヘッドライトを点灯しよう! というソーシャルムーブメントが『おもいやりライト』です。

2010年から始まったこの活動、もちろん2018年度も続きます。というわけで、4月25日夜。横浜・みなとみらい地区にあるシェアスペース「BUKATSUDO」にて今年度のキックオフイベントが開催されました。

そもそも「おもいやりライト」というのは、視界の悪くなる雨の日や、日の入り30分前の薄暮時に交通事故が多いことに着目。事故を減らすためにはクルマ同士、また歩行者などもクルマの存在を認知しやすくすることが効果的ではないか、ということから、はやめのヘッドライト点灯を呼びかける運動として始まっています。

これまで、様々な活動をしてきましたが、2018年度のテーマは「原点回帰」。キックオフイベントでは、毎月10日を「点灯の日」として、呼びかけアクションを”楽しんでやっていこう”と宣言されました。

黄色の服などをまとうサムシングイエローがユニフォームとなっている「おもいやりライト」運動ですが、もっと楽しむために点灯を呼びかけるのにふさわしいコスプレをして楽しんじゃおう、というのも新提案のひとつ。

『日産自動車』の最新記事

トップオブGT-Rを公道で走らせて分かった楽しみ方とは?【ニッサンGT-R NISMO試乗・前編】
次期型Zには快適性の改善が必須、Zが生き残る戦略とは?【フェアレディZ ヘリテージエディション試乗・後編】
国産スペシャリティカーを保有するとどんな満足感を得られるのか?【フェアレディZ ヘリテージエディション試乗・前編】
【エクストレイル・ハイブリッド試乗】日産SUVの稼ぎ頭の現行モデルから、次期モデルの姿に想いを馳せる
【エクストレイル・ハイブリッド試乗】モデル末期といえど、国産SUVのベンチマークとして未だに戦える理由とは?

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事