地元・九州で6年ぶりの兄弟ドリフト対決! 正反対ともいえる二人の心境は?【D1GP】

4年ぶりに九州で行われたD1GP第3戦オートポリス。準決勝で約6年ぶりに末永兄弟の公式戦での対戦が実現しました。

説明しておきましょう。D1GPに兄弟で(ただし別のチームから)参戦しているのがこの末永直登(兄)、末永正雄(弟)の二人です。二人とも複数回の優勝経験があるというトップドライバーです。おそらく世界一のドリフト兄弟でしょう。

1学年ちがいと年齢も近く、ドリフトを始めたのもほとんど同時だそうですが、D1GPには弟の正雄選手のほうが先に出ていました。兄の直登選手は仕事の関係でなかなか出られなかったんですね。兄の直登選手は転職してエビスサーキットに勤めるようになってからD1GPに本格参戦するようになりました。

兄の直登選手のマシンはオレンジ色のシルビア(S15)です。第3戦で2位に入りました。

弟の正雄選手のマシンは白と青のGT-Rです。第2戦では3位に入っています。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事