こんな体験はじめて!ツインリンクもてぎに「森感覚アスレチックDOKIDOKI」がオープン!!

森の中のモビリティテーマパーク、ツインリンクもてぎがこの春、「森」をテーマに新しく生まれ変わります。

ツインリンクもてぎ内にある子供連れファミリーに人気のモビパークが「より快適で優雅に過せる森」をテーマにデザインを一新。その中で最も注目されているアトラクションが、3月17日(土)にオープンした高さ13m地上5階建ての新感覚大型アトラクション「森感覚アスレチックDOKIDOKI」です。

「森感覚アスレチックDOKIDOKI」はモビリティランドが掲げる「人と自然とモビリティの融合」を象徴したアトラクション。

内部には体力が必要なクライムゾーン、勇気が必要な空中ゾーンなど39ヶ所のアスレチックポイントがあるとのことですが、どのようになっているのか全く想像できなーい! ということで、早速チャレンジしてきました!!

入り口に立つと地上5階建ての迫力に圧倒され、なんだかDOKIDOKIしてきました。

お恥ずかしい話ですが私、体育の成績が学年でビリという伝説があるほどの大の運動音痴。果たして無事にゴールまで辿りつくことができるのでしょうか……。

 

まずは入り口で貰った「DOKIDOKIカード」を機械に通し、スタート時間を印字します。ただアスレチックで遊ぶだけでなく、いかに早くゴールに辿りつけるかを競えるのも「森感覚アスレチックDOKIDOKI」の魅力。様々なレースが開催されるツインリンクもてぎならでは、ですよね。

「森感覚アスレチックDOKIDOKI」は1階地中、2階地表と幹、3階と4階葉と枝、5階樹冠(木のてっぺん)の巨大などんぐりの木をモデルに作られており、木に集まるいきものや寄り添う植物たちが出迎えてくれます。

どんないきものがいるのかなとワクワクしながら入ると、いきなり巨大幼虫がお出迎え! あまりのリアルさに思わず「ギャ!」と叫んでしまいました(笑)。

幼虫を踏まないように、天井から吊るされたロープと飛び石を使い、進んでいきます。

2階、3階へ進んでいくと「蜂の巣階段」や「幹のぼり」など、木登りを体感するような新感覚アトラクションがたくさんありました。時には、昆虫に手助けをしてもらいながら登っていきます。

3階にある「ぴょんぴょん葉っぱ」は、地面に足がつかないよう葉っぱに飛び乗りながら移動するのですが、葉っぱが不安定でバランスを取るのが難しい! この時点で、すでに手と足がガクガクです(汗)。

ドングリを好むリスを発見しました。巨大昆虫をたくさん見てきたので、可愛いリスを見つけた時にほっとしたのは私だけ!?

リスがいる所までドングリに乗って移動します。もてぎの森の風を身体いっぱいに受け、気持ちいー! 小さくなって、本当に森の中を移動しているような気分になりました。 私的お気に入りアスレチックです。

「森感覚アスレチックDOKIDOKI」内にはフォトスポットが2ヶ所あり、アスレチックに真剣に挑む姿を激写してくれます。フォトスポットで係の人からカードをもらい、機械にスキャン。その10秒後にシャッターがきられます。

ちなみに私はもたもた渡りすぎて、せっかくの写真に顔が写りませんでした(涙)。10秒ってあっという間なんですね……。チャレンジされる方、お気をつけください! なお、この写真はアトラクション出口で購入できます。また、当日中であれば全写真データのダウンロードも可能とのことです。