生産は2019年から。メルセデス・ベンツのEV第1号「EQ X」、AMGクラスの高速EVモデルに?

メルセデス・ベンツの新ブランド「EQ」第一弾の量産モデルとなる「EQ C」市販型プロトタイプを鮮明にカメラが捉えました。メルセデス・ベンツは近い将来、EV市場でテスラを超える支配力を目指すようです。

ハイライトはその心臓部です。2個の強力なモーターを搭載し、最高出力408〜420psを発揮。0-100km/h加速は5秒以下のパフォーマンスを発揮します。これはAMG『GLC 43』はもとより『GLC 63』さえ脅かす存在になりえます。また、70kWhの大容量リチウムイオンバッテリーにより、1回の充電により500km以上の航続距離が予想されています。

メルセデスは1月29日、ドイツ・ブレーメン工場とダイムラーと北京汽車(BAIC)の中国北京の新合弁BBACで「EQ C」の生産を2019年から開始すると発表しています。EQブランドはメルセデスにとって大きな前進となりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
BMW X4_001
BMW X4大幅改良へ。大型ドットグリル装備車の正体は!?
メルセデス AMG SL63_006
次期ベンツSLの最新プロトをキャッチ。300SLデザイン継承へ! 2+2シートレイアウト採用の可能性も!?
ブガッティ新型ティザーイメージ_002
ブガッティ新型ハイパーカー「シロンSuper Sport 300+」、8.0リットルW型16気筒クワッドターボエンジンを搭載し1578psを発揮!
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事