【ホンダ・ヴェゼル試乗】雪道での性能をアップしたというだけあり、乗りやすさは抜群に向上

ホンダが開催した北海道のテストコースを舞台としたウインター試乗会では、マイナーチェンジされたヴェゼルも用意されていました。

ヴェゼルのマイナーチェンジは、ホンダセンシングの全車標準化が最大のトピックですが、ハイブリッド関係のセッティングを見直したことによるドライブフィールの向上と、4WDのトルク制御を変更したことによる雪道でのハンドリングの向上が謳われています。

先代モデルとの比較試乗ではなかったため、絶対フィーリングでの試乗となりましたが、全体として乗りやすいという印象がありました。とくにトルク感の盛り上がりは気持ちよく、発進からしっかりした押し出し感を味わうことができました。

滑りやすい雪道でトルクが制限されながらの発進加速でこうした感覚を味わえるのですから、ドライ路面での加速感はさらにいいものとなるでしょう。

4WDの制御は従来の要素に加えて、ヨーレートとステアリング操作が加えられています。乗った印象としては、素直で扱いやすいというもの。ドライバーが意識して荷重を前に移動してコーナーに進入し、そこからアクセルを踏んでいけばオーバーステア気味の姿勢を作ることができますが、進入前に荷重を後ろに戻すような走りをすればかなり安定した姿勢のままコーナーを抜けていきます。

ブレーキフィールもペダルまわりを改善したこともあり、向上しています。ハイブリッド車にありがちな効きの分かりづらさはなく、コントロールしやすいものとなっています。

 

(文:諸星陽一)

【関連記事】

【ホンダ・ヴェゼル試乗】MCによりホンダセンシングを全車標準化、セッティングを変更し乗りやすさをアップ
https://clicccar.com/2018/03/02/563633/