過去最高の販売台数を記録した日産&インフィニティのクロスオーバー&SUV

その内訳について日産のダニエレ スキラッチ副社長が説明しています。プラットフォームを共有するローグ、エクストレイル、キャシュカイは、2017年、グローバルで前年比10%増の1,388千台を販売。これにより、このプラットフォームが最も販売台数の多い日産のプラットフォームになっています。

また、米国で新型アルマーダがリリースされ、中東でパトロールの好調な販売が続いていることで、このプラットフォームの販売はグローバルで79%増加し8万台になったとしています。これは、大型のフレーム型SUVは、未だに世界中のお客さまからの人気が高いことを証明しています。

インフィニティでは、2017年にコンパクトラグジュアリークロスオーバーQX30が年間を通じて販売された1年目となり、その販売台数は前年比97%増の3万2千台に。大型SUVのQX80は、引き続き勢いを維持し、グローバルで2万1千台を販売。

さらに、3月には、インフィニティの中型クロスオーバーQX50が発売されます。新プラットフォームをベースに、業界初の可変圧縮比エンジン「VCターボ」と先進的な準自動運転機能が搭載されています。日本では年内にも新型ジュークの登場が噂されています。SUVブームに対する日産、インフィニティのラインナップは万全のようです。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。