スズキ・ジムニー次期型にも、ワイドな「シエラ」が登場!?

いよいよ20年振りのフルモデルチェンジが迫るスズキの本格軽自動車オフローダー「ジムニー」次期型にも、車幅をワイドにした「シエラ」が設定される可能性が高いことが分かりました。

早速、流出写真をベースにしたCGを欧州から入手しました。ベースモデルの「ジムニー」同様、次期型には強度や耐久性に特化した最新版のラダーフレームを採用し、オフロード色を濃くしたボクシースタイルはまるで「ベイビーGクラス」と言えそうです。

CGでは、ワイドフェンダーやスキッドプレートを装着し、ボンネットにはパワーバルジが見て取れます。

新型「ジムニー」への搭載が予想されるパワートレインは、660cc直列3気筒ターボ+S-エネチャージ」マイルドハイブリッドで、駆動方式はローレンジ付きAWD、またはFRを選択可能になるようです。

一方「シエラ」には、1.3リットル直列4気筒NAデュアルジェットエンジンが予想されています。 これは熱効率を高めるため、スズキの様々な先進技術を結集したエンジンで、「スイフト」を始め「ソリオ」や「イグニス」にも搭載されているものです。

ワールドプレミアは「ジムニー」が2018年夏で、「シエラ」は2019年春にも期待されています。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

マクラーレン・セナに最強のハードコア『GTR』設定へ。最高出力は825ps、ダウンフォースは驚異の1,000kg
市販型パーツを装着した、アウディ・RS7次期型プロトタイプをキャッチ!700馬力のハイブリッドに注目
独占写真入手!ホンダ・アーバンEVの市販型プロトタイプを初スクープ
2019年登場予定のアウディ・Q7改良型をキャッチ。刷新されたフロントエンドを激写!
メルセデスAMG GT-Rファミリーに新たに追加される、サーキット指向の「CS」をキャッチ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事