【アルファード/ヴェルファイア試乗】圧倒的な静粛性、力強さが魅力のV6エンジン搭載車

2017年末にマイナーチェンジを受け、年明けから発売されているトヨタ・アルファード/ヴェルファイア。

走りで注目なのがV6エンジンの仕上がりでしょう。試乗日は大雪の影響で首都高速などが閉鎖され、横浜みなとみらい地区の限られた街中を走るだけでしたが、新世代エンジン「2GR-FKS」の実力の一端を垣間見ることができました。

3.5L V6エンジンは、301ps/6600rpm、361Nm/4600-4700rpmというスペック。直噴と吸気ポートと併用する新世代エンジンは、出だしからとにかくスムーズで、しかも低速域から過渡域の応答性も良好そのもの。吹け上がりの気持ちよさはV6をチョイスして良かったと感じさせてくれるはず。

残念ながらその真価が分かる高速域のパワーやパンチ力は、今回は体験できませんでしたが、2tクラスの巨体を軽々と加速させるのはタウンスピードでも容易に想像できます。

『トヨタ・アルファード/ヴェルファイア』の最新記事

現在の納期は3〜5ヶ月! アルファード&ヴェルファイアの「新型見分けクイックポイント」
最新の予防安全「トヨタセーフティセンス」のセンサーはデンソー製!
【新型アルファード&ヴェルファイア試乗】徹底チェック!人気の理由がうなずける細部までの丁寧な作り込み
【新車】トヨタ・ヴェルファイア/アルファード ロイヤルラウンジに「モデリスタ」コンプリートカーが登場
【新車】マイナーチェンジで外観の精悍さが増したトヨタ・アルファード/ヴェルファイア

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事