【平成初期の名車列伝】ありそうで無い、5ナンバーFRセダン・BMW E36系3シリーズ

今見ても価値がある平成初期の名車を紹介するシリーズ企画。今回紹介するのはE36型BMW3シリーズセダンの、日本では珍しいエンジンを搭載したモデルです。

●BMW318i
全長×全幅×全高:4435×1695×1395mm(日本仕様の数値)

平成2年に登場したE36型BMW3シリーズ・セダンは、全長4.4m・全幅1.7mの5ナンバーサイズでした。デビュー当初、エンジンは1.8L・SOHCの4気筒(グレード名は318i)と2.5L・DOHC6気筒(325i)がラインナップされます。トランスミッションはATのみ、ステアリング位置は4気筒が右、6気筒は左でした。

ただしここで紹介するのは並行輸入された北米仕様車です。1.8L・4気筒エンジンを搭載していますが、日本では選択できない左ハンドルなのが見た目でわかる特徴。ただ、実はもっと大きな違いが目に見えない部分にあるのですが、それは少し後で。