【新型レクサス・LS試乗】新型LSの目指す姿を具現化できた500と、今後の熟成に期待したい500h

新型レクサスLSはハイブリッド車のLS500hとガソリン車のLS500の2モデルが設定されており、それぞれのモデルにスタンダード、Iパッケージ、Fスポーツ、バージョンL、エクスクルーシブの5つの仕様が用意されています。

新型レクサスLSはフラッグシップセダンに求められる静粛性、快適性というショーファードリブンな要素に加えて、世界最高峰のハンドリングによるエモーショナルな走行性能を目指して開発されています。一方、搭載されているパワートレインは環境性能を向上させるため先代からダウンサイジングが図られているのが特徴です。

LS500hにはシステム合計264kW(359ps)を発生するマルチハイブリッドシステムを搭載。3.5LV6ガソリンエンジンと2つのモーターを組み合わせたハイブリッドシステムに、10段変速制御によるリズミカルな変速が可能なCVTが組み合わされています。JC08モード燃費は2WD車が16.4km/L、4WD車が14.4km/Lと高出力と低燃費を両立しています。

一方のLS500には、最高出力310kW(422ps)を発生する新開発の3.5LV6ツインターボエンジンを搭載。ミッションはアクセル操作にリニアに反応するダイレクトシフト10速ATが組み合わされ、JC08モード燃費は2WD車が10.2km/L。4WD車は9.8km/Lと駆動方式の違いによる燃費の悪化を最小限に抑えています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事