「冒険仕様原付」ホンダ・クロスカブ110が生まれ変わり、原付き50ccクラスも登場!

世界中から愛され続けているスーパーカブ。バイクに乗っていない人でも小さい頃から一度くらいは名前を聞いたことがあると思います。

そんなスーパーカブのアドベンチャー仕様・クロスカブが生まれ変わり、新たに50ccクラスも登場しました!

クロスカブはスタンダードのカブとは違い、アドベンチャー的な仕様になっているのが特徴。アウトドアテイストなスタイリングにグラフィック、各部ガード類などが付いていて、タイヤはセミブロックタイヤを装着。とはいえ、街中ではスタンダードのカブと同じように活躍してくれます。

今回のモデルチェンジではスタイリングも一新。カブ特有のレッグシールド(左右に付いているカウル)を廃止し、スッキリしたイメージに。

ライトはLEDになり、ゴツめのライトガードも付いています。

そして、今回から新たに追加されたのがクロスカブの50ccモデル。今までありそうな感じでしたが、実は110しか無かったんです。これで原付き免許さえあれば冒険仕様のカブに乗ることができるようになりました!

基本的には110と同じ設計ですが、50の方は取り回し向上のため110より少し小さい14インチのタイヤを採用。

さすがに110と同等ほど冒険仕様な感じはしませんが、これで街を走ってもカッコイイし可愛い!女子受けも男子受けも良さそうなおしゃれ原付きに仕上がりました!

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事