大胆に変身した新型レジェンドに用意されたこだわりの逸品。無限からリリースされるカーボン製パーツとは?

ホンダのフラッグシップモデル「レジェンド」がマイナーチェンジを実施、2018年2月9日より発売されました。大胆にアグレッシブなフロントマスクに変身した新型レジェンド、そのアピアランスをスポーティに演出するのが、ワークスチューナーである無限のアイテムです。

エクステリア関係で用意されているのは、トランクリッドに装着する「エアスポイラー」と、レジェンド専用にデザインされた20インチアルミホイール「MFL」の2点。パーツ点数自体は少なく感じますが、エアスポイラーはレーシングマシン同様のリアルカーボン製で、無限の工房にて製作されているという逸品です。

ノーマルに対して1インチアップとなるアルミホイールのサイズは20×8.5J インセット45。推奨タイヤサイズは245/35R20となっています。

そのほか、無限エンブレム付きのスポーツマットやスポーツラゲッジマットなども用意しています。

おもなパーツの価格は「カーボンエアスポイラー」が15万円(税別)、アルミホイール「MFL」が15万円/本(税別)、スポーツマットが6万円(税別)、スポーツラゲッジマットが2万円(税別)となっています。

(山本晋也)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事