ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデル、ついにマイルドHV化?

ランボルギーニの開発ディレクター、Maurizio Reggiani氏(マウリツィオ・レジアーニ氏)は、1月のデトロイトモーターショーにて、『アヴェンタドール』後継モデルに初めて言及しました。

レポートによりますと、レジアーニ氏は、エレクトリック仕様はとても重要と考えており、スーパースポーツDNAとの融合を実現すべきと語ったようです。

2020年以内にエレクトリックモデルを発表する準備はできていないようですが、V型12気筒エンジンにこだわるようです。デュアルクラッチミッションは素晴らしいとしつつも、軽量化を重視しているようで、後継モデルではシングルクラッチ・トランスミッションのアップデート版を採用する可能性が高いようです。

また「ウラカン ペルフォマンテ」に採用されている「アクティブエアロダイナミクス」の搭載も示唆しています。

後継モデルに予想されるパワートレインは、最高出力800psを発揮する7リットルV型12気筒エンジン、及びV型8気筒エンジン+2電気モーターと組み合わされる48VマイルドHVで、最高出力は1000ps超えと予想されています。

ワールドプレミアは、恐らく2021年3月のジュネーブモーターショーが有力と思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

フェラーリパワーを移植!マセラティ・レヴァンテ、570馬力の最強「GTS」投入へ
3月公開のメルセデスAMG GTクーペ、コックピットを先行キャッチ
アウディ・S6アバント次期型、2.9リットルV6新エンジンは470馬力
フロントマスクが刷新か? スズキ・エスクード改良モデルのプロトタイプをキャッチ
新型オールスターの共演!スープラ、3シリーズ、Z4のプロトタイプが集結

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事