ランボルギーニ・アヴェンタドール後継モデル、ついにマイルドHV化?

ランボルギーニの開発ディレクター、Maurizio Reggiani氏(マウリツィオ・レジアーニ氏)は、1月のデトロイトモーターショーにて、『アヴェンタドール』後継モデルに初めて言及しました。

レポートによりますと、レジアーニ氏は、エレクトリック仕様はとても重要と考えており、スーパースポーツDNAとの融合を実現すべきと語ったようです。

2020年以内にエレクトリックモデルを発表する準備はできていないようですが、V型12気筒エンジンにこだわるようです。デュアルクラッチミッションは素晴らしいとしつつも、軽量化を重視しているようで、後継モデルではシングルクラッチ・トランスミッションのアップデート版を採用する可能性が高いようです。

また「ウラカン ペルフォマンテ」に採用されている「アクティブエアロダイナミクス」の搭載も示唆しています。

後継モデルに予想されるパワートレインは、最高出力800psを発揮する7リットルV型12気筒エンジン、及びV型8気筒エンジン+2電気モーターと組み合わされる48VマイルドHVで、最高出力は1000ps超えと予想されています。

ワールドプレミアは、恐らく2021年3月のジュネーブモーターショーが有力と思われます。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

初の電動化で700ps超え アウディ・RS7 新型、ロールケージ備えたプロトタイプがニュルで過激テスト
BMW iシリーズの最新作 新時代EVの「i4」市販型はテスラを凌駕する航続距離を実現
販売終了したVW・ビートル、次世代型はEV、しかも4ドアで復活の噂
ブガッティ史上最強モデルは6億4千万円!「シロン ディーボ」が8月に正式発表
レクサス「IS Fが復活か? V6ツインターボと10速ATを組み合わせた高性能スポーツセダンに期待

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事