トヨタ史上最高級モデルに!GR初のスーパーカー、2020年にも登場か

トヨタが2018年の東京オートサロンで初公開した、GRブランド初のオリジナルスーパーカー「GRスーパースポーツコンセプト」が、市販化へ向け動き出している可能性があるようです。

コンセプトモデルは、WEC(世界耐久選手権)に参戦中のレーシングマシン「TS050」とほぼ同じパーツで構成された次世代スーパーカーのため、より市販モデルに寄せたデザインを予想してみました。

フロント部分は、サイドのウレタンを全面に出して空力を向上させた上で、LEDデイタイムランニングライトを装備しています。ヘッドライトはボディに合わせ2分割に。サイドは大きくえぐられたラインをそのままに、大型エアスクープを備えています。またウィンドウは実用性を高め大型化しています。リアウィングは、レーシーなコンセプトモデルとは異なる抑えたデザインで、ボディと一体化させより流線型を強調させました。

パワートレインは、2.5リットルV型6気筒ツインターボエンジンにレース用ハイブリッドシステムTHS-Rを組み合わせ、最高出力は800psから1000ps程度が期待出来そうです。レーシングカーのシステムを搭載したスーパーカーと言えば、メルセデス『AMGプロジェクトONE』が直接のライバルとなりそうです。

市販化は2020年を想定しています。恐らく500台以内の限定として、7千万円クラスの高級モデルの誕生と思われます。

(APOLLO)

【関連記事】

【東京オートサロン2018】ハイブリッドレーシングカーTS050をベースとした「GRスーパースポーツコンセプト」を発表!
https://clicccar.com/2018/01/12/548694/

『Scoop』の最新記事

X3とは違うモデル! BMW初のEVクロスオーバー「iX3」市販型はオリジナルフェイスを採用
メルセデス・ベンツ CLA次期型、ニュルでスポーティーな走りを公開!
次期型は1000馬力+ミッドシップ! シボレー コルベットの次期型プロトをキャッチ
メルセデス・ベンツの新型「GLEクーペ」、ドデカグリル装着でニュルを激走
価格は2億8千万円!ランボルギーニからリリースされる新型スーパーカーのスペックが流出