【新車】来年に販売終了のVW「ザ・ビートル」に限定車「The Beetle SOUND」が登場

2019年に日本での販売を終えるというフォルクスワーゲン・ザ・ビートル。2018年1月30日、300台限定の「The Beetle SOUND」の発売を開始しました。

同限定車は、ファンの皆様への謝意を表したという「See You The Beetle」キャンペーンの第1弾として企画されたそうで、プレミアムサウンドシステム「Fender Sound」が搭載され、音質面にこだわったモデル。

プレミアムサウンドシステム「Fender Sound」は、アメリカのFender社が2012年に開発したというカーオーディオで、臨場感あふれるサウンドが楽しめるそうです。

ベース車は「The Beetle Design」で、「The Beetle SOUND」には、8つのスピーカーとサブウーファー、400Wのパワーを誇るアンプが組み合わされています。

また、ステアリングを握りながら「Fender Sound」による高音質を楽しめるようにシフトパドル付マルチファンクションステアリングホイールを標準装備。ほかにも、オートエアコンやザ・ビートル初のリヤエンブレム内蔵リヤビューカメラが標準化されるなど、快適性や安全性が引き上げられています。

外観も「SOUND」バッジがフロントフェンダーに配され、専用の17インチアルミホイールを装着するなど、限定車にふさわしいディテール、こだわりがちりばめられています。さらに、従来はオプションとなるバイキセノンヘッドライトも標準装備。

さらに、従来ボディ同色のドアトリム、ダッシュパッドがブラックにアレンジされているほか、専用シートもブラックをベースに、赤のステッチが追加されるなど、内装もこだわりの演出が施されています。

ボディカラーは、特別色の「ホワイトシルバーメタリック」と「トルネードレッド」の2色が用意され、価格は2,940,000円です。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。