初スクープ! キャデラックの次世代高級サルーン「CT5」

キャデラックのCEOは、現在のセダンライアップの整理に乗り出しているようです。現行モデルの「ATS」や「CTS」にとって代わる次世代サルーン、「CT5」生産型プロトタイプを初めてカメラが捉えました。

初期開発車両ですが、ボディは生産型パーツが装備されているようです。フロントマスクは、『CT6』から意匠を継承する可能性もありますが、次世代モデルとして、これまでにないデザインの採用も予想されているようです。

プラットフォームは、GMグループの「Alpha」アーキテクチャを採用し、FRと4WDの両バージョンを提供します。パワートレインは、2リットル直列4気筒エンジン、3.6リットルV型6気筒エンジン、ハイエンドには6.2リットルV型8気筒エンジンが予想されています。また直列4気筒+電気モーターのプラグインハイブリッドモデルも投入される可能性が噂されています。

ワールドプレミアは、2018年秋以降と見られ、GMの米ミシガン「ランシング・グランドリバー工場」で2019年後半から生産されます。そして同年終わりには販売がスターする予定です。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事

ポルシェ・718ケイマンに軽量モデル「T」が初設定へ! 開発車両をキャッチ
メルセデス・ベンツ「ベイビーGクラス」のMBUX搭載コックピットを撮影成功。発売は2020年か?
このスポイラーは超高性能モデルの証!? BMW M5に「CS」設定へ
VW初のオープンSUV「T-Rocカブリオレ」、実車が走った
007ボンドカーとして登場か? 究極のGT・アストンマーティン DBSスーパーレジェーラにヴォランテ設定へ

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事