極小ボディをスクープ!ヒュンダイ最小コンパクト「i5」が登場か?

韓国ヒュンダイモーターのAセグメント『i10』の後継モデルと思われる新型プロトタイプを、豪雪のスウェーデンでキャッチしました。

「i10」は2016年に改良型を発表し、欧州を始め各国で展開されるヒュンダイの世界戦略コンパクトカーとして発売されているモデルです。

捉えた開発車両は「i10」のデザインを継承しつつ、よりボディをコンパクト化し、フロントエンドとルーフエンドに丸みを持たせた究極のコンパクトボディを持つモデルで、「i5」の車名が噂されています。

パワートレインは、5速ATと組み合わされる0.8リットル及び1.1リットル直列5気筒ガソリンエンジンを搭載、最高出力は60psと想定されています。ハイブリッドモデルは可能性が低いようですが、EVモデルは期待ができるとレポートされています。

ワールドプレミアは2019年春と、登場までまだ時間がかかりそうです。

(APOLLO)

『Scoop』の最新記事
セアト クプラ アテカ外観_002
スペイン情熱の高性能ブランド「クプラ」初のSUVが大幅改良で300馬力を発揮
アウディ S4外観_002
アウディS4改良型、大刷新へ。メルセデスAMG C43を狙い撃ち!
ジャガー Fタイプ外観_003
これはイケる!? ジャガーFタイプ改良型、シューティングブレークやプロジェクト7の噂
ボラリス スリングショット新型_001
次世代三輪スポーツ・新型 ポラリス「スリングショット」、暗闇に姿見せる!
ポルシェ カイエン クーペ外観_003
カイエン史上最速モデル、800馬力の「クーペGT」開発車両をスクープ
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事