【SUPER GT2017】オーバーテイク連発!最終戦もてぎのGT300は熱い戦いの連続だった

11月11~12日にツインリンクもてぎで開催されたSUPER GT最終戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」。

泣いても笑っても最終戦の「もてぎ」。チャンピオン争いだけではなく、チャンピオンの権利がなくても少しでもランキング上位に食い込もうとするチームの熾烈な争いが展開された熱い一戦となりました。

ポールポジションを獲得したのはグッドスマイル 初音ミク AMG。Q1で谷口信輝選手が2番手以下を1秒近く離す大差でトップタイムをマークすると、Q2ではそれに応えた片岡龍也選手が1分46秒076というコースレコードでポールポジションを獲得。

SUPER GT参戦歴が長くGT500、GT300と参戦してきた片岡龍也選手、実は自身のドライブによるポールポジションはこの最終戦もてぎが初めて。チームにとってもポールポジションポイントの1点を獲得できるなど幸先のいい幕開けとなりました。

12日の決勝。デモンストレーション走行のために来日したDTMマシンの先導によるパレードラップの後にローリングスタートにより決勝レースが始まります。

ポールポジションの初音ミク、2番手のARTA BMW M6 GT3は好調なスタートを切ります。しかし、もっと絶妙なスタートを切ったのは4番手だったVivaC 86 MC。予選3番手でチャンピオンの可能性もあるランキング3位だったLEON CVSTOS AMGを2コーナーまでに抜き去り3番手に浮上します。

LEONはその後も GAINER TANAX AMG GT3、D’station Porscheに抜かれ6番手まで順位を落とします。

ランキング2位のJMS P.MU LMcorsa RC F GT3も予選順位8位から浮上することが出来ずに序盤は8位のまま周回が進んでいきます。

この記事の著者

松永 和浩

松永 和浩 近影
1966年丙午生まれ。東京都出身。大学では教育学部なのに電機関連会社で電気工事の現場監督や電気自動車用充電インフラの開発などを担当する会社員から紆余曲折を経て、自動車メディアでライターやフォトグラファーとして活動することになって現在に至ります。3年に2台のペースで中古車を買い替える中古車マニア。中古車をいかに安く手に入れ、手間をかけずに長く乗るかということばかり考えています。