【スバルBRZ STI Sport試乗】BRZの最高グレートとして設定された「STI Sport」

スバルのクルマでSTIの名前が冠されたモデルだと、限定車やコンプリートカーだと思う方も多いでしょうが、このBRZ STI Sportはそうしたスペシャルバージョンではなく、BRZのラインアップの最上位に位置するモデルとして用意されました。

スタンダードのBRZと異なるのは、シャシーまわりと内外装で、エンジンやミッションといったパワートレイン系は変更を受けていません。

シャシーで変更されているのは、前後サスペションはGT同様にダンパーをザックス製としたうえでコイルスプリングも専用チューニング。ブレーキキャリパーはGTと同じくブレンボ製となっています。タイヤは215/40R18サイズのミシュラン・パイロットスポーツ4となり、それに合わせてホイールも18インチアルミホイールとなりました。

さらにボディ補強として、STI製のフレキシブルVバーとフレキシブルドロースティフナーがフロントに装着されました。18インチタイヤとSTI製ボディ補強パーツは、STI Sportだけの装備となります。

 

エクステリアでは、専用フロントバンパー、フロント&リヤのSTIエンブレム、ブラックのBRZエンブレム、STIロゴ入りの専用フロントフェンダーガーニッシュ、ブラックのドアミラー&シャークフィンアンテナを採用。

インテリアは専用パーツが多く、アルカンターラ&革シート、STIロゴ入りのメーター、レッドステッチのメーターバイザー&革巻ステアリングホイール&ドアアームレスト&ショルダーパッド、エアコンスイッチ&パワーウインドゥスイッチパネルのピアノブラック調加飾化、・STIロゴ入りステンレス製サイドシルプレートの採用などが行われています。

(文:諸星陽一)

『SUBARU BRZ』の最新記事

【スバルBRZ STI Sport試乗】コストパフォーマンスも高いSTI Sport
【スバルBRZ STI Sport試乗】足まわりは柔らかめだがコーナー安定感は抜群
【新車試乗】スバル・BRZの新トップグレード「STI Sport」を全開試乗!
【東京モーターショー2017】スバリスト必見!スバル BRZ STI Sportをマニア目線で徹底チェック

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事