これがツイン・デジタルディスプレイだ!BMW・1シリーズ次期型のコックピットをキャッチ

BMWのエントリーハッチバック『1シリーズ』次期型のコックピットをカメラが始めて捉えました。そこにはインストルメントクラスターと、iDriveインフォテイメントシステムの2つの大型デジタルディスプレイが確認できます。

布で隠された部分が多いですが、現行モデルよりシンプルで機能的に見えるダッシュボード、新デザインのシフトノブやセンターコンソール、ステアリング・ホイールなどが見えています。

次期型では、『X1』と共有する「UKL」プラットフォームを採用し、ホイールベースを延長。ライバルのメルセデスベンツ『Aクラス』や、アウディ『A3』同様に5ドアモデルのみの設定となり、「FF」に変更することにより居住空間が大幅に改善されます。

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ガソリンエンジン、2リットル直列4気筒エンジンの他、PHVモデルのラインナップも期待できそうです。またトップモデルには、最高出力400psと噂される「M140i」の設定も確実視されています。

ワールドプレミアは、2018年10月のパリモーターショーが有力ですが、3月のジュネーブモーターショーという情報も入っています。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事