【東京モーターショー2017】出展していないはずのボルボのブースが存在する理由とは?

「モーターショーの出展は絞る。欧州、北米、そして中国と年間3回しかブースを出さない」

自動車事情に詳しい人なら、モーターショーに関してボルボがそんな宣言をしたことを知っていることだろう。その「3ヵ所」に日本は含まれていないので、本来なら東京モーターショーにはボルボブースがないはずなのだが……。

しかし実際に東京モーターショーを訪れると、ボルボはしっかりとブースを構えていた。西ホールに入る手前の「アトリウム」と呼ばれる場所だ。

どうしてないはずのボルボブースがあるのか?

「ご存知の通り、ボルボは世界で3つのモーターショーしか出展しないのは本社の判断で、そこに日本は含まれていません。しかし、日本法人独自として今回は出展しました」と関係者がこっそり教えてくれた。

国際的なモーターショーに輸入ブランドが出展する場合、それは本国が音頭を取るのが一般的で日本法人がコントロールするわけではない。しかし今回のボルボのケースは、本国オペレーションではなく日本法人独自の権限で展示したというわけだ。

だからコンセプトカーの類はなく、市販車両だけが並ぶのである。ちなみにホール内ではないこのスペースは正式には「出展ブース」ではなく「展示スペース」。そのためプレスカンファレンスはおこなえず、音も出せないという制約があるそうだ。

ちなみに東京モーターショー2017には大型トラックをメインにした「ボルボトラック」も出展しているが、こちらは現在では乗用車系のボルボとは分離してまったく別の組織になっている。

(工藤貴宏)

『東京モーターショー2017』の最新記事

【東京モーターショー2017】「隠れXV」アイコンに込められた意味とは? XV FUN ADVENTURE CONCEPTを徹底チェック!
【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】番外編・デザイナーの妄想を全開にした、いすゞ FD-Si
海外勢の「にわか電動化」に翻弄されない日本流のEV戦略とは?【東京モーターショー2017】
スズキ スペーシア コンセプトは愛着のある道具【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】
【東京モーターショー2017】MAZDAが2台のコンセプトカーに凝縮させた「日本古来の引き算の美学」とは?

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事