富士重工の一端を担った汎用エンジンの生産終了がSUBARUから発表

2017年4月に富士重工業から社名変更し、自動車産業と航空機産業に注力しているSUBARU。2017年9月末をもって、汎用エンジン・発電機等の生産・販売を終了したことを発表しました。

かつて「ロビン」ブランドで富士重工業の一角を担った産業機器事業が、ついに幕を閉じたというわけです。とはいえ、この産業機器事業の終了については、2016年11月2日に公表されており、クローズに向けて準備が進められてきた中で、ついにその日がやって来たということになります。

一般ユーザー向けの発電機や農業用ポンプ、カート用エンジンなどで知られていたSUBARUの汎用エンジン事業。産業機器事業部門では、建設機械や産業機械、農業機械に搭載する汎用エンジンのほか、スノーモービルなどに使われる高性能車載用エンジンも販売していたことでも知られています。

なお、アフターサービスについては、SUBARUの関連会社である産業機器株式会社において継続することも併せて発表されています。

(山本晋也)

『SUBARU』の最新記事
サプライズゲストの、トミー・マキネンさんとペダー・ソルベルグさん
名機・EJ20のラストイヤーに、スバルWRXが1100台以上も集結【WRXファンミーティング】
熟成極まったSUBARU レヴォーグに充実装備の特別仕様車「2.0GT EyeSight V-SPORT」が設定【新車】
初代レガシィツーリングワゴン
【SUBARU GT EXPERIENCE.1】そのルーツはレオーネにある? SUBARUが考えるツーリング、そしてGTの意味
SUBARU東京モーターショー
「SUBARU VIZIV ADRENALINE CONCEPT」が日本初公開【東京モーターショー2019】
SUBARU東京モーターショー
インプレッサ スポーツのマイナーチェンジ、SUBARU XVの一部改良モデルも出展【東京モーターショー2019】
この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事