【フランクフルトモーターショー2017】走行中でも14秒でルーフが開閉するフェラーリ・ポルトフィーノを公開

こうしたコンポーネントの一体化によって 剛性も35%強化。細部では、 ボディシェルの溶接部分の長さを旧モデル比で30%短くし、 アッセンブリー品質のさらなる改善も図られているそうです。

同様に、ボディワークおよび外部コンポーネントも合理化と軽量化が推進されています。可動メカニズムを含めて完全新設計のリトラクタブ・ハードトップも、カリフォルニアTよりも軽量化されています。

また、フェラーリであっても快適性や利便性を求める層がいる現在、リトラクタブル・ハードトップやゆとりあるキャビンスペース(2座の後席を含む)、広い荷室いったパッケージが与えられています。

イタリア北西部のリグーリア州リヴィエラの最も魅力的な街のひとつだという、ポルトフィーノにちなんで命名されたというフェラーリ・ポルトフィーノは、日常のドライビングが楽しめるように設計され、低速走行中であれば14秒で本格的なベルリネッタ(クーペ)からオープントップに変身させることができます。

フランクフルトのフェラーリ・ブースでは、2色の新色も発表されました。ニューモデルのネーミングとなった美しい街に敬意を表したという新色の「Rosso Portofino」 。もう1色がヒストリック・フェラーリのボディ素材として使われていた軽金属を想起させる「Grigio Alluminio Opaco(マット・アルミニウムグレー)」。

新色を纏った2台の新型ポルトフィーノの隣には、「Blu America」カラーの GTC4Lusso(ルッソ)、テーラー・メイド・プログラムの新3層グレーペイントで仕上げられた812 Superfast(スーパーファスト)、そして華麗なF1カラーの Ferrari 488 GTB といった現行ラインナップが並び華やかな雰囲気を演出。また、 テーラーメイド・エリアには、 フェラーリの70周年を記念したカラーで仕上げられた 488 Spiderを展示。

この記念カラーは、 かつてドミニカ共和国のドライバーであったポルフィリオ・ルビロサ氏が所有していたピニンファリーナ・ボディの1954年型 Ferrari 500 Mondial spider(モンディアル・スパイダー)をイメージしたそうです。

(塚田勝弘)

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。