フェラーリが最長15年の新車保証プログラムを導入。認定中古車も対象に!

フェラーリではすべての新型車に、標準で3年間のメーカー保証、そして7年間の無償メンテナンスプログラムが付帯していて、先述したように、さらに 2年間の延長が可能でした。さらに、6年目から12年目までの車両には、すべての主要コンポーネントをカバーする「ニューパワーワランティ」を付帯することもできました。

今回の「ニューパワー15」は、フェラーリが誇る保証プログラムの最新版。新車登録12 年目から15 年目のエンジンやギヤボックス、サスペンション、ステアリングなどの主要メカニカル・コンポーネントが保証対象に。今回の新しい保証延長の期間は12か月で、毎年最長3年間まで更新できます。

さらに、この保証延長オプションは、フェラーリの認定中古車にも適用。特定の技術検査に合格することで、今まで適用されていなかった車両や、保証の空白期間がある車両も対象になるそうです。

フェラーリの新車保証延長は、ファンのつなぎ止めだけでなく、長くクルマを愛してもらうことで、文化を醸成する意欲も感じさせます。

(塚田勝弘)

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事