アストンマーティンがピュアEVを積極開発!2019年に量産へ

一昨年秋に公開したコンセプトEVモデル「ラピード E」を2019年に155台限定で量産すると発表した、英国の伝統ある高級車ブランド・アストンマーティン。

「ラピード E」には、6.0L V12エンジンに代わる電動パワートレインが搭載され、「ラピードS」と同等の動力性能を発揮するそうで、瞬時にパワーが立ち上がる電気モーターの特性により、これまでのアストンマーティン車では体験できなかったユニークなドライブフィーリングを提供するといいます。

同社を率いるアンディ・パーマーCEOは「アストンマーティンの魅力的なスタイルと最高性能の価値はゼロエミッション・パワートレインにおいても存在すると共に、持続可能な未来を表している」「ラピード Eの電動パワートレイン詳細については今後、順次発表する」と述べています。

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事