日産「リーフ」を発表。日産がゼロエミッション社会に向けて放った電気自動車【今日は何の日?12月3日】

■5人乗りハッチバックスタイルの本格的な電気自動車

2010(平成22)年12月3日、日産自動車は新型電気自動車「リーフ」を発表し、同年12月20日から発売を開始しました。車名は、植物の葉を意味する「leaf」にちなんでおり、ゼロエミッション、無公害であることの象徴を意味します。

2010年にデビューした電気自動車リーフ

●リーフの源流は、たま自動車

電気自動車の歴史は内燃機関の自動車よりも古く、かの有名なポルシェ博士も手掛けています。19世紀末から20世紀初頭にかけては、蒸気機関やガソリン機関、ディーゼル機関と並んで、自動車の動力源の一役を担っていました。

しかし、内燃機関の進歩とともに、短い航続距離や実用的なバッテリー、充電方法が存在しなかったために市場性を失い、その後はガソリン車とディーゼル車が長く自動車のパワーユニットの主流となったのです。

1947年頃に東京電気自動車で生産された「たま自動車」
1947年頃に東京電気自動車で生産された「たま自動車」

日本では、戦後間もない1947年頃に戦前の立川飛行機から派生した東京電気自動車が開発した「たま自動車」が市場に投入されました。生産台数は80台程度であったとされています。

東京電気自動車は、その後ガソリン自動車の生産に転身してプリンス自動車になり、1966年には日産自動車に吸収合併されることになります。もとを辿れば、リーフの源流は60年以上も前のたま自動車と言えるのです。

●国産電気自動車の先駆けとして華々しくデビュー

本格的な量産電気自動車のリーフは、実用性を重視した5人乗りのハッチバックスタイルで、フロント部に電気モーターを搭載した前2輪駆動です。

リーフの車両構造。フロントにモーター、床下にバッテリーを搭載
リーフの車両構造。フロントにモーター、床下にバッテリーを搭載

永久磁石型同期モーターは、最大出力80kW(108.8PS)・最大トルク280Nm(28.55kgm)を発揮。バッテリーは、日産とNECが共同出資して設立されたオートモーティブ・エナジー・サプライ社の容量24kWhのラミネート型リチウムイオンバッテリーで、バッテリーセルを192個並列に接続して床下に搭載されました。

満充電時の航続距離はJC08モードで200kmを達成。充電時間は、急速充電で容量80%まで30分、一般家庭の200V電源(3相200V)では8時間、100Vの家庭用電源(単相100V)では28時間を要しました。

車両価格は376万円ですが、政府のEV購入補助金制度で約77万円の補助があるため、実質的には299万円の購入価格になります。もちろん、一般のガソリン車と比べれば高価ですが、6年乗れば燃料費(EVの場合は電気代)を考慮したランニングコストは同等になる、と当時の日産は説明していました。

●リーフの航続距離は、10年で2倍以上に向上

初代リーフは、バッテリー容量24kWhで航続距離200kmでしたが、航続距離が短いという声が聞かれました。

2019年に登場したリーフe+。電池容量の増大によって、航続距離458kmに向上。
2019年に登場したリーフe+。電池容量の増大によって、航続距離458kmに向上

その後、バッテリーやシステムの改良によって航続距離は徐々に延び、2017年10月の「2代目リーフ」では、バッテリー容量が40kWに増強されて航続距離は400km(JC08モード)/322km(WLTCモード)まで延びました。

2019年には、さらに性能と航続距離を向上させた「リーフe+」を追加。新しい電動パワーユニットは、バッテリー容量を40kWhから62kWh に増大し、同時にモーター出力もパワーアップし、航続距離は322kmから458km(WLTCモード)まで向上しました。


最近、日産からはクロスオーバーEV「アリア」や軽自動車EV「サクラ」がデビューし、他社からもさまざまな性能やスタイルの電気自動車が投入されています。使い方にもよりますが、価格や航続距離、使い勝手など総合的にみると、リーフが最もバランスが取れ、実用的な電気自動車ではないでしょうか。

毎日が何かの記念日。今日がなにかの記念日になるかもしれません。

Mr.ソラン

この記事の著者

Mr. ソラン

Mr. ソラン 近影
某自動車メーカーで30年以上、自動車の研究開発に携わってきた経験を持ち、古い技術から最新の技術までをやさしく解説することをモットーに執筆中。もともとはエンジン屋で、失敗や挫折を繰り返しながら、さまざまなエンジンの開発にチャレンジしてきました。EVや燃料電池の開発が加速する一方で、内燃機関の熱効率はどこまで上げられるのか、まだまだ頑張れるはず、と考えて日々精進しています。夢は、好きなクルマで、大好きなワンコと一緒に、日本中の世界遺産を見て回ることです。