おすすめ記事一覧

メルセデス・ベンツのダンプカー!? 最新フロントマスク装備の試作車の正体は…?

2017/07/14 07:03 by   ニュース・新車, 海外の話題

メルセデス・ベンツの怪しい開発車両をキャッチしました。

最新世代のデザインが見て取れるフロント部分に、取って付けたような荷台がアンバランスですが、トラックやダンプカーを開発している訳ではないようです。

関係者によれば、商用バン「スプリンター」次期型プロトタイプだといいます。

スプリンターは、1995年に発売されて以降、大きな成功を収め、世界で最も人気のある大型ミニバンの一つで、現在は130カ国、280万人の顧客へ提供されています。

次期型は、2016年に公開された「ビジョン バン コンセプト」からインスピレーションを得たデザインになるようで、薄型ヘッドライト、ワイドなフロントグリルや大きなラップアラウンドフロントガラスを特徴としています。

サイドウィンドウはキックアップデザインが採用され、スポーティーさもアップ。後部は荷台ではなく、未来的ミニバンフォルムになるはずです。

ビジョン バン コンセプトは、101psを発揮するEVパワートレインでしたが、プロトタイプの助手席側下部にエキゾーストパイプが見られるため、内燃機関となりそうです。

ワールドプレミアは2018年秋が有力で、商用バン、キャンピングカーなどの豊富なバリエーションがラインナップされるはずです。

(APOLLO)



あなたにおすすめの記事