新型スバル・レヴォーグは動的性能以外の「内・外装」はビッグマイナーチェンジでどう変わった?

スバル・レヴォーグが3年目の節目でビッグマイナーチェンジを受けました。内・外装のリフレッシュはもちろん、「アイサイト・ツーリングアシスト」に代表される安全性能向上、運転の愉しさ(上質な乗り味とハンドリングの正確性向上)、動的質感など多岐にわたっています。

外観は、ビッグマイナーチェンジとはいえ、現行が好調であるため方向性を維持しながら長所を伸ばしたのがポイント。具体的にはワイド感の演出、エッジの利いた顔つきが狙い。ボディカラーは「ストームグレー・メタリック」の新色をはじめ、全8色が用意されています。

この記事の著者

塚田勝弘

塚田勝弘 近影
1997年3月 ステーションワゴン誌『アクティブビークル』、ミニバン専門誌『ミニバンFREX』の各編集部で編集に携わる。主にワゴン、ミニバン、SUVなどの新車記事を担当。2003年1月『ゲットナビ』編集部の乗り物記事担当。クルマ、カー用品、自転車などを担当。2005年4月独立し、フリーライター、エディターとして活動中。一般誌、自動車誌、WEB媒体などでミニバン、SUVの新車記事、ミニバンやSUVを使った「楽しみ方の提案」などの取材、執筆、編集を行っている。