新型フィットをクロスオーバー・スタイルにする純正アクセサリー

クロスオーバー・スタイルは世界的なトレンドになっています。最近マイナーチェンジしたトヨタ・アクアもそうしたテイストを強めた新グレード「クロスオーバー」を新設定したほどです。コンパクトカーにSUVテイストを求める声は確実に大きくなっていると感じます。

2017年6月30日から発売された、新型フィット。マイナーチェンジによりホンダセンシングを採用することで安全性を高め、またスタイルにも磨きをかけたコンパクトカーとなっています。

そんなフィットでもクロスオーバー・スタイルを選ぶことができるのです。

とはいえ、グレードとして用意されているのではありません。ホンダアクセスが用意する純正アクセサリーとして、その名も「クロススタイル」というエクステリア・パーツ群が新設定されたのです。

標準系のボディにマッチする「クロススタイル」は、前後バンパーのロアガーニッシュやホイールアーチ、ボディサイドモールなど8点のパーツを装着することで、クロスオーバー的な道具感を演出するというもの。

普通のフィットでは物足りないけれどSUVまで行くのはちょっと…というユーザーニーズを満たすスタイル。車高はノーマルですから、都市部に見られる立体駐車場にも問題なく対応できるというわけです。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事