トヨタ・スープラ次期型、ニュルに再来!室内はZ4と酷似も気になるMT設定は…

トヨタ・スープラ次期型が、カモフラージュも軽く再びニュル高速テストに姿を見せました。

全体的フォルムがかなり見えてきたプロトタイプは、大口エアインテーク、「Z4」次期型より短いオーバーハング、テールライトのアウトラインやツインエキゾーストパイプが確認できます。

今回はスープラのキャビン内が目撃されており、レポートによると、写真のZ4のMTとは異なるATシフトレバーが確認されています。情報によれば、スープラはオートマチックのみの設定となる可能性があるようです。

またコックピットには、Z4に酷似したダイヤル・コントローラーや、センターのインフォテインメントシステムが確認でき、Z4に雰囲気が酷似していたとのこと。

パワートレインは、BMW製2リットル直列4気筒ターボ、及び最高出力340psを発揮する、3リットル直列6気筒ターボエンジンのラインナップが予想されています。

2017年の東京モーターショーで市販型に近いモデルが登場すると思われ、2018年からオーストリアのマグナシュタイアで生産、逆輸入の形で日本でも発売されるようです。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事