レクサス×BMWで計画進行!? 初のプレミアムコンパクトは300万円以下で発売か?

レクサス最小となる、初のプレミアムコンパクトモデルの最新情報を元に作成された、予想CGを入手しました。

エクステリアデザインは小さくまとまらないよう、フェンダー周りに切れ込み、グリルラインに合わせた両サイドのエアインテークを配置し、ワイド感を演出。また、LEDヘッドライトもアグレッシブな形状で、コンパクトながらレクサスらしい押しの強いフロントエンドが特徴です。

ボディサイズは、現在最小モデルの「CT」や、ライバルのアウディ「A1」より小さい、全長3950mm程度の5ドアスタイルとなる可能性が高いようです。

パワートレインに関しては、BMW製1.5リットル直列3気筒エンジンの搭載が噂され、最高出力は140ps程度が予想されます。

実現すれば、トヨタ×BMW「スープラ」次期型に続く最強プロジェクトの完成となり、コンパクトながら走りに特化したスペシャリティ・コンパクトの誕生となると予想されます。

予想発売価格は「CT」を大幅に下回る290万円からを期待したいです。

(APOLLO)

この記事もよく読まれています


あなたにおすすめの記事