ボルボ最上級セダン&ワゴンのRデザインは走りで選ぶ【VOLVO S90,V90 R-Design試乗】

ボルボの上級モデル90シリーズのセダン&ワゴンにスポーティモデルとなるRデザインが追加されました。

S90(セダン)、V90(エステート=ワゴン)のRデザインは4気筒2リットル・ガソリンターボ+スーパーチャージャーエンジンで、320馬力の最高出力、400Nmの最大トルクを発生します。1リットルあたりの出力は170馬力にもなる高性能エンジンです。

ギヤボックスは8AT、タイヤは255/35R20のピレリPゼロを履きます。

ここまでのスペックは上級グレードのT6インスクリプションと同一となっています。

 

 

 

Rデザイン専用としては、強化されたサスペンション、ナッパレザーのスポーツシート、パドルシフト、カーボンファイバーパネルなどが装備されます。なかでも走りに大きく影響しているのが強化されたサスペンションです。

S90、V90のサスペンションはフロントがダブルウィッシュボーン+金属製コイルスプリング、リヤがマルチリンク+複合素材のリーフスプリングとなっています。この方式はすべてのS90、V90に共通(エアサス仕様はスプリングが空気バネになる)ですが、Rデザインはスプリングの硬さをアップ、それに合わせショックアブソーバーの減衰力も50%アップした仕様となっています。

この効果は絶大で、同じエンジンを搭載するT6インスクリプションに比べて乗り心地もコーナリング性能もいい方向に向いています。サスペンション関連が硬くなっているので乗り心地が悪くなりそうなものですが、全体としてのまとまり感が上がり、どちらもいい方向に向いているという印象です。

この記事もよく読まれています

あなたにおすすめの記事