「MINIへ習え!?」BMW・1シリーズ改良型プロトタイプに装着された怪しいホイールの意味とは?

BMWのエントリーモデル「1シリーズ」改良型プロトタイプをキャッチしました。

現行1シリーズは、既に改良型を2015年に発表している上、2018年から2019年には、次期型の発売を控えており、このタイミングで2度目のフェイスリフトは異例とも言えます。

恐らく、この改良型は短命に終わることが予想されますが、常に進化を求めるBMWのこだわりかもしれません。

外観の修正点はキドニーグリル、ヘッドライト、テールライトのグラフィックがリフレッシュされる程度でしょう。

注目はハブキャップを装着した怪しいスチールホイールです。単純に新ホイールがテストに間に合わなかった可能性もありますが、MINIとの共通化と軽量化のため、現行の5穴から4穴への改良をカモフラージュしている可能性もあるようです。

室内の写真は撮れませんでしたが、カメラマンによれば黒い布で覆われており、新しいトリムオプション、最新のiDriveインフォテインメントシステムなど、第3世代が登場するまでスキのないアップデートとなりそうです。

改良型のワールドプレミアは2017年9月のフランクフルトモーターショー、次期型は2018年後半から2019年前半になると予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?