マセラティ ギブリ改良型、ウィンターテストで見えた新デザイン!

マセラティのミドルクラス・サルーン「ギブリ」の改良型プロトタイプをスカンジナビアでカメラが捉えました。

エクステリアでは、フロントエンドとリアバンパーが重点的にリフレッシュされると見られていますが、カモフラージュされたマスクの下には、現行モデルと異なる丸みを帯びたラジエーターグリルやバンパーのエアダクトのデザインが確認出来ます。

室内では、大型ディスプレイや最新のインフォテインメントシステムを装備するほか、ガーニッシュのリフレッシュも期待できそうです。

パワートレインは3リットルV型6気筒ツインターボエンジンをアップデートし、馬力と燃費の向上が図られる可能性もあります。

ワールドプレミアは2017年秋と予想されます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?