発覚した3つの秘密とは? BMW i8 ロードスター市販型を再スクープ

BMWの高級PHEVスポーツ「i8」のオープンモデルとなる、「i8 ロードスター」市販型プロトタイプのスクープに再び成功しました。

今回はフロントからの鮮明な撮影にも成功、謎だった3つの疑問が解決しました。

1つ目は、初めて撮られたフロントマスクです。「i8 スパイダー コンセプト」とは異なる、BMW最新世代のデザインが取り入れられ、ヘッドライト、キドニーグリル、バンパーが変更されています。

2つめは、ドアはバタフライドアが採用されるのでしょうか? Aピラーにクーペと同様のメカニズムが見受けられているので、そのまま採用されるようです。

3つめは、ルーフです。市販モデルでは、ソフトトップが採用されることが画像から確認できます。

 

パワートレインは1.5リットル直列3気筒ツインターボエンジンと電気モーターを組み合わせたPHEVと思われますが、馬力や航続距離は大幅に向上すると見られています。

ワールドプレミアは、2018年のクーペ改良型との同時公開が期待されています。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?