ダイムラーが電動SUV「EQ」の生産準備へ!動画も公開

昨年のパリモーターショーで、電動パワートレイン車に特化した「EQ」ブランドの発足に合わせてコンセプトカー「ジェネレーション EQ」を初公開したダイムラー。

ディーター・ツェッチェCEOによれば、「EQ」は「エレクトリック・インテリジェンス」を意味しているそうで、「知能」を持つ電動車両シリーズと説明しています。

ダイムラーの新たな企業戦略「CASE」に基づき2019年に市販予定で、2025年までに 「EQ」シリーズ(SUV、サルーン、クーペ、カブリオレ等)10車種以上を投入予定。総販売台数の15~25%をEV化する計画といいます。

ちなみに「CASE」はダイムラーが掲げる4つの新たな企業戦略の総称で、「Connectivity(つながる技術)」「Autonomous(自動運転)」「Shared&Services(カーシェア)」「Electric(電動化)」を表しています。

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。