日産が「キャシュカイ」をリニューアル。7月に発売!【ジュネーブモーターショー2017】

日産がジュネーブモーターショー2017で、今年7月に欧州で発売を予定している新型「キャシュカイ」(Qashqai)を公開しました。

現行モデルに対して、ヘッドランプやリヤランプにおける「ブーメランランプシグネチャー」を強調するなど、エクステリアデザインがリファインされています。もちろん、インテリアデザインも刷新。

 
 

また、同車の強みである「走り」を洗練するとともに静粛性の向上が図られており、今年度中には高速道路での渋滞時や走行時のドライバーの負荷を低減する「プロパイロット(自動運転技術)」搭載を予定しているそうです。

キャシュカイは2007年に発売以来、累計230万台を販売するなど、欧州で最量販のクロスオーバーSUVとなっており、今回の改良でさらなる販売促進が期待されます。

Avanti Yasunori・画像:NISSAN/Geneva motor show)

【関連リンク】

ジュネーブモーターショー2017
http://www.gims.swiss/en/

日産キャシュカイ
https://www.nissan.fr/vehicules/neufs/qashqai.html

この記事の著者

Avanti Yasunori

Avanti Yasunori 近影
大手自動車会社で人生長きに渡って自動車開発に携わった後、2011年5月から「clicccar」で新車に関する話題や速報を中心に執筆をスタート、現在に至る。幼少の頃から根っからのクルマ好きで、免許取得後10台以上のクルマを乗り継ぐが、中でもソレックスキャブ搭載のヤマハ製2T‐Gエンジンを積むTA22型「セリカ 1600GTV」は、色々と手を入れていたこともあり、思い出深い一台となっている。趣味は楽器演奏で、エレキギターやアンプ、エフェクター等の収集癖を持つ。