デジタルコックピットを採用!メルセデスAクラス次期型、新デザイン見えた

メルセデスベンツのコンパクトハッチ「Aクラス」次期型の本物ボディを、初めてカメラが捉えました。これまでミュールでしたが、外も中も全て次期型となった新プロトタイプは、フルカモフラージュながら、新デザインの内容が明らかになりました。

まずヘッドライトは、薄くシャープに吊りあがっているようです。エアインテークなどの形状は不明ですが、ボンネットは低くワイドに、そしてロングノーズ化されています。

ホイールベースは延長され、室内空間がかなり向上していることがうかがえます。

そしてハイライトはインパネです。「Eクラス」新型同様のデジタルコックピットが採用されており、高級感もアップするはずです。また、リアコンビランプは現行モデルと大きく異なり、横長のデザインや新グラフィックの一部も確認できます。

ルノー・日産アライアンスと共有する「MFA2」プラットフォームを採用する次期型は、全体的にかなりスポーティーになることが予想されます。

パワートレインは9速DCTと組み合わされる1.6リットル、及び2リットル直列4気筒エンジンや、プラグインハイブリッドなどがラインナップされます。

フロントウィンドゥには、以前のプロトタイプとは異なるレーダーが取り付けられえており、次世代安全装備開発も着々と進んでいるようです。

ワールドプレミアは2018年秋と思われます。

(APOLLO)

この記事の著者

APOLLO

APOLLO 近影
アポロニュースサービス代表取締役。1965年東京生まれ・世田谷区在住。通信社を経て1996年に独立、レンタルポジ&ニュース配信会社アポロニュースサービスを設立した後、2016年にはカーメディア「Spyder7」編集長に兼任、多数のメディアへ新車スパイショット配信も手掛けております。通信社入社と同時に新車スクープに関わり、これまで35年間、新型モデル開発を追い続け、現在は新車スクープ原稿を年間800本以上執筆、日本で一番新車スクープ記事を書く男としてギネス申請中!?